微弱電流獄門晒し首行脚

脳内プラスチック化計画から引き継いだメインブログです! こっちより百倍勢いのあるサブブログはこちら! 子供向けコンテンツ大好きお兄さんの感想・考察乱打! https://rimokongetao.hatenablog.com/

ジョン・トラヴォルタのダンスに痺れる! 映画「サタデー・ナイト・フィーバー」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の感想です。

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 ブルックリンのペンキ屋で働くトニーは、変わりばえのない毎日の生活にうんざりしていた。そんな彼の生き甲斐は土曜日の夜(サタデーナイト)にディスコで踊り明かすことだけ。ある日、ディスコで年上の女性ステファニーに出会う。同じブルックリンで生まれながらもインテリで自立し、将来設計を持つマンハッタンのステファニーに影響されたトニーは、自分の生き方を考え直すようになる。やがてステファニーとの生活を夢見て、ディスコで行なわれる賞金付きダンスコンテストへの出場を決意する。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%BF%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC 2020/5/8閲覧

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

ジョン・トラヴォルタ出世作ですね。

サタデー・ナイト・フィーバー」しかり「パルプフィクション」しかり「ヘアスプレー」しかり、彼の出演作にはなぜかダンスと縁がありますね。

 

この映画はとにかくキメにキメまくったジョントラ兄さんのキレッキレのダンスを堪能してください!!

もう、そこが見どころ!!

 

正直今見るとお世辞にもカッコイイとは言えないダンスと、「バブルの頃」を象徴するような妙にギランギランしたディスコと、登場人物はほぼ全員少々頭の悪いことによるアホかつ悪趣味な会話や行動等々に、最初は若干苦笑してしまうんです。

 

が!!

 

そんなことはどうでもよくなるくらい、ジョントラ兄さんのダンスがキレッキレなんですよ!

自信満々で満面の笑み、なんですよ!!

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

ひと昔どころか、ふた昔くらい前のジョントラ兄さんのハンサムスマイルフェイス含め、体験したこともないのに「古き良きあの時代」に思いをはせてしまう、そんな映画でした。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

rimokongetao.hatenablog.com