微弱電流獄門晒し首行脚

脳内プラスチック化計画から引き継いだメインブログです! こっちより百倍勢いのあるサブブログはこちら! 子供向けコンテンツ大好きお兄さんの感想・考察乱打! https://rimokongetao.hatenablog.com/

「世界のエリートが学んでいる哲学・宗教の知識」佐藤優著 感想

こんにちは!

 

今回は佐藤優著「世界のエリートが学んでいる哲学宗教の知識」の感想です。

 

世界のエリートが学んでいる哲学・宗教の授業

世界のエリートが学んでいる哲学・宗教の授業

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 「アメリカやヨーロッパ、ロシア、イスラエルなどの大学では、文科系、理科系にかかわらず、哲学と宗教について学ぶ。なぜなら哲学と宗教は、人間が生きていく上で不可欠な基本原理だからだ。日本の政治、経済、マスメディアなどで活躍するエリートには哲学と宗教に関する知識と教養が欠如している。この点を改善することが日本の社会と国家を強化するために有益と思う」。
この著者の問題意識によって実現した、筑波大学の連続講義を紙上再現。「他者との関係がモノのように見えてしまう『物象化』が常識を生み出している」「仏教が考える世界の成り立ち――世界にはまず、見に見えない『業』があった」「バチカンは200年から300年のスパンで戦略を練る ベネディクト16世生前退位もその一環」……。「超優秀」な学生たちが覚えた熱烈な知的興奮を、是非味わっていただきたい。

●今の日本の論壇は、それぞれが勝手に勝利宣言を発する「阿呆の画廊」 ●アメリカが牛耳る20世紀後半は、哲学的に見ると18世紀 ●ファシズムとナチズムの違い ファシズムは「皆で支え合い、仲間を束ねていく」という発想 ●物事の本質をつかむ、神学の「類比」の思考

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%8C%E5%AD%A6%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%84%E3%82%8B%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%83%BB%E5%AE%97%E6%95%99%E3%81%AE%E6%8E%88%E6%A5%AD-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E5%84%AA/dp/4569841120?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4569841120 2020/2/9閲覧

 

 

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

 

 

 

何やらタイトルが上から目線でいやな感じですが(笑)、中身はかなり平易で読みやすいものです。

世界のエリートとやらの知識がこんなもんかいとちょっと拍子抜けするかもしれませんね。

 

まああくまでもそういった知識の前提と言うか、入門編ということでしょう。

 

とはいえ、ためになる知識がいっぱい載っていますので、そういう知識を仕入れたい!という方には是非お勧めです。

 

 

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち

 

 

 

さて、今回の本の中で「これは面白いな!」と思った部分を最後にご紹介します。

それがこちら!!

 

 日本にもいろんな神話があります。

だが、いつの時代も真の知識人たるものは「本物」になってはいけません。

(中略)

常に冷静に物事を見る目を養わなければなりません。

 

佐藤優 「世界のエリートが学んでいる哲学宗教の知識」 PHP研究所 2018

 

ここでいう「本物」とは、「何かに深く思い入れを持っている人」のような意味で、例えばAKB48で給料をすべてCDにつぎ込んで推しに投票をする人が例として挙げられています。

 

 

つまり、知識人は「本物」になってはいけない、とは何かに入れ込むことで冷静に物事を判断することができなくなるから、「本物」になってはいけず、世界を対等な視点から見なければいけない、それが知識人だ、ということでしょうね。

 

うーん、知識人って大変ですねえ(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com