絶賛カレンダー日和

脳内プラスチック化計画から引き継いだメインブログです! こっちより百倍勢いのあるサブブログはこちら! 子供向けコンテンツ大好きお兄さんの感想・考察乱打! https://rimokongetao.hatenablog.com/

細菌兵器に頻発する地震・・・40年前の映画は預言なのか? 映画「復活の日」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「復活の日」の感想です。

 

復活の日 角川映画 THE BEST [Blu-ray]

復活の日 角川映画 THE BEST [Blu-ray]

  • 発売日: 2019/02/08
  • メディア: Blu-ray
 

 

あらすじはこんな感じ↓

 MM88という細菌兵器によって、人類は絶滅の危機に瀕する。
低温下で増殖が止まる細菌だったため、各国の南極基地隊員863人は生き延びた。
1年後、南極政府を設立した矢先、地震研究を続けていた吉住は、アメリカ東部地震を予測する……。
名匠・深作欣二小松左京の同名小説を壮大なスケールで映画化したSF大作。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07KKHR5RL?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/5/23閲覧

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

最近兵器によって人類が滅亡の危機に瀕し、その後大地震が起きて地球は壊滅状態になる。

それでも新しく生まれ来る生命に希望を託し、「復活の日」を求める人類のあくなき探求心というか希望を求める力強さを描いた作品です。

 

しかも製作費が20億円超えという超特大スケールで描かれ、外国人俳優やロケなど見ごたえもたっぷりです。

上映時間も2時間半を越え、金のかかった映画をたっぷりと堪能することが出来ます。

 

   

 

しかもここで描かれているテーマが「細菌」によって絶滅の危機に瀕した人類という、今の世界にとって妙に既視感のあるもの。

しかもそこに地震まで加わってくるのですから、何やら今のこの2020年という時代との妙な符号を感じます。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

1980年、今から40年前に作られた映画が、今こうして現実に接近し、再び見る意味を持ってくる。

こういうことがあるから映画ってほんと面白いですね(笑)

 

ちなみに主演は、こちらも最近ひそかに再ブームが来ている草刈正雄さんです(笑)

 

時代って繰り返すんですねえ。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

rimokongetao.hatenablog.com