微弱電流獄門晒し首行脚

脳内プラスチック化計画から引き継いだメインブログです! こっちより百倍勢いのあるサブブログはこちら! 子供向けコンテンツ大好きお兄さんの感想・考察乱打! https://rimokongetao.hatenablog.com/

真性のパクリクソ映画 「賭博英雄伝 カゲジ 人生逆転デス・ゲーム」 感想

こんにちは!

 

今回は「賭博英雄伝 カゲジ 人生逆転デス・ゲーム」の感想です。

 

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 目が覚めるとそこは鉄格子の中だった。ハイリは数時間前に恋人からプロポーズをされていた。その帰り道に何者かに拉致されたらしい。暗闇の中に目をやると、そこには昔の恋人のカゲジもいた。カゲジは1700万円もの負債を抱えていて、ハイリは昔、その保証人となっていた。その借金を返済する為に拉致されたのだった。謎の金持ち一人の為に放送されるギャンブルTV“デス・ゲーム”に参加する為に……。生死を賭けたゲームに勝利できれば、借金の帳消しどころか大金を手に入れられるという。負ければ死、やらなくても借金まみれの地獄の生活が待っている究極の選択の中、ハイリはゲームに参加する決意をする。「死のロシアンルーレット」「南極野球拳」「インディアンポーカー」という特殊ギャンブルを、大学院で心理学を専攻しているハイリに攻略できるのか? カゲジとハイリの死を賭した闘いが始まる!! 

 

https://gyao.yahoo.co.jp/p/00938/v00684/ 2020/5/28閲覧

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

どっからどう見ても「カイジ」のパクリ映画。

「レンタル店で本家と間違って誰か借りてくれないかな・・・」というとんでもないくらい志の低い理由でつけられたであろうタイトル始め、すべてが圧倒的な低クオリティ。

 

画面はフィックスで取られ緊迫感のかけらもなく、登場人物は全員クソみたいな演技しかせず(大声を出すのが演技だと勘違いしてるんじゃないか?)、キャラクターの名前はすべてが鬼のようにダサい。

また、この映画のメインである「人生逆転デス・ゲーム」にしたところで、あまりにも雑で、あまりにも適当。

 

登場人物が見出す必勝法も「なんじゃそりゃ?」の連続。

 

しかもかなり強引にねじ込まれるセックスシーンにはエロさのかけらもなく、すべてが圧倒的に低クオリティでほんとうにうんざりさせられます。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

ここまで良いところがない映画と言うのも久々です。

一切見る価値のない、本当にクソ映画です。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

rimokongetao.hatenablog.com