微弱電流獄門晒し首行脚

脳内プラスチック化計画から引き継いだメインブログです! こっちより百倍勢いのあるサブブログはこちら! 子供向けコンテンツ大好きお兄さんの感想・考察乱打! https://rimokongetao.hatenablog.com/

うなぎパイ最強説 正林真之著「貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ」 感想

こんにちは!

 

今回は正林真之 著「貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ」の感想です。

 

貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ

貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ

  • 作者:正林真之
  • 発売日: 2018/07/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 なぜモーツァルトは天才なのに貧しいままで一生を終え、 プッチーニは巨万の富を築いたのか――。 弁理士会の革新家である国際パテント・マネタイザー正林真之氏が 身近な疑問をもとに紐解く 勝者と敗者を分ける「権利ビジネスの仕組み」。 なぜ、日系家電メーカーは韓国家電メーカーに完敗するのか? なぜ、「日本の苺」の技術は盗まれ220億円の損害が出てしまったのか? なぜ、ピカソはレストランで支払いをせずに済んだのか? なぜ、秋元康は音楽経験が無いのに音楽業界で大成功できたのか? なぜ、ミッキーマウスは何十年経っても著作権が切れないのか? など 超高齢化社会、AI時代を前に今ならまだ間に合う、 日本だけの技術・文化資産をマネタイズし資産化する知恵。 世界を相手に戦うビジネスの現場での 「見えない資産=知財」の経営戦略の本質がつかめる入門書!

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4434248146?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/3/24閲覧

 

 

知的財産法入門 (岩波新書)

知的財産法入門 (岩波新書)

 

 

知的財産が大事な時代ですよね、これからは。

自分は法学部卒なので、一応知財法の知識はある程度あるつもりですが、それをどうマネタイズしていくかまでは大学で教えてくれなかったので(権利を侵害されたときの対処法は習ったけども笑)、非常に興味深かったですね!!

 

   

 

字も大きいし、行間も広めに取ってあるので、非常に読みやすい!!

まさに「入門書!」という感じですね。

 

また、この本を読むと「うなぎパイ」がいかにすごいかがわかりますね(笑)

 

 

「夜のおかし うなぎパイ

 

この本の著者によれば、うなぎパイは「完璧なプロモーションストーリー」を持った商品(商標登録)だそうです。

例えうなぎパイの10倍うまい類似商品があったとしても、そのネームバリューで買ってしまうくらいの。

 

すごいな!うなぎパイ!!

やったな!うなぎパイ!!(笑)

 

そんな「うなぎパイ」のすごさがわかる本でした(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com