微弱電流獄門晒し首行脚

脳内プラスチック化計画から引き継いだメインブログです! こっちより百倍勢いのあるサブブログはこちら! 子供向けコンテンツ大好きお兄さんの感想・考察乱打! https://rimokongetao.hatenablog.com/

ロボットと軍人がTSUTAYAで争うシュールな15分 映画「A1012K」 感想

こんにちは!

 

今回は映画A1012K」の感想です。

 

A1012K [DVD]

A1012K [DVD]

  • 発売日: 2003/10/17
  • メディア: DVD
 

 

監督 SABU

 

あらすじはこんな感じ↓

 京セラは、CDMA2000 1x対応端末「A1012K」のCMで、映画作家SABUが監督を務めるTSUTAYAオリジナル短編映画「A1012K」とコラボレーションを行なう。

 映画「A1012K」は、映画「弾丸ランナー」でデビューしたSABUが原案・脚本・監督を務める約20分のショートムービーで、内容は「逃亡した八百屋型ロボットA1012Kを捕獲するため、特殊工作隊は夜のSHIBUYA TSUTAYAに急行する」というストーリーのコメディエンターテイメント。映画自体のタイトルに京セラの新端末「A1012K」を冠し、劇中でも小道具としてA1012Kが使用される。

 

https://k-tai.watch.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/8634.html 2020/5/22閲覧

 

 

rimokongetao2.hatenadiary.jp

 

映画監督・SABUTSUTAYA・京セラとコラボレーションして作った15分の短編映画ですね。

 

鮮魚屋のおっさんのような恰好&顔をした最先端ロボットを捕獲するため、軍人がTSUTAYAに乗り込むというバカバカしさ。

 

「不審な奴を探せ!」って言ってるけど、おめーらが一番不審者だっつーの!(笑)

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

そしてなんやかんやで、おっさんロボットと同型の女性型ロボットが出会い、愛を育む!

感動にむせびなくTSUTAYAの客&軍人たち!

最後は皆で拍手&「おめでとう」の嵐!

 

エヴァのTV版最終回かよ!!(笑)

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

最後はロボットが八百屋、軍人たちが鮮魚屋として楽しく働いている所に指令が入り・・・というところでEND!

 

八百屋のおっちゃん姿、すげえ似合ってるよ!!!

 

   

 

以上!!

 

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

rimokongetao.hatenablog.com